滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

ダブル不倫のゼロ和解の示談書

合 意 書

甲 ○○ ○○
乙 ○○ △△
丙 ×× ××
丁 ×× ☆☆

1   甲と丁は、互いに相手方が既婚者であることを知りながら、不貞行為を行ったことを認め、甲は丙に、丁は乙に、真摯に謝罪の意を表する。
2   甲及び丁は、本合意書締結後、直接・間接を問わず、一切の連絡・面会・接触等をしないことを相互に誓約する。
3   乙及び丙は、第1条記載の不貞行為に関し、本合意書をもって一切の解決を図るものとし、本合意書記載の内容が遵守されている限り、乙は丁に、丙は甲に対して今後慰謝料請求権を行使しない。
4   甲及び丁は、互いに、第1条記載の不貞行為の損害賠償債務について、相手方に対して求償権を行使しない。
5   当事者全員は、本合意書の内容及び成立の経緯に関し、第三者に口外しないことを相互に誓約する。

   以上のとおりの合意が成立したことを証するため、本合意書を2部作成の上、各自署名押印し、甲・乙において1部、丙・丁において1部を保管する。

平成○年○月○日

甲 ○○ ○○ 印
乙 ○○ △△ 印
丙 ×× ×× 印
丁 ×× ☆☆ 印

・既婚者同士が不倫した、いわゆるダブル(W)不倫の場合で、お互い配偶者に発覚したが、双方の家庭が離婚しないことになり、双方が二度と連絡をしない、その代わりお互いに慰謝料請求等をしない、という示談書の参考例です。

・あくまで、相手に対して請求をしないというだけですので、この示談書があっても、自己の配偶者に対して慰謝料を請求することは可能です。

・示談書を交わした後に、さらに不貞行為を継続していたような場合には、相手に対して慰謝料を請求することは可能です。

・示談書を交わした後、離婚してしまったからと言って、相手に対して慰謝料を請求することは原則としてできません。

このページはリンクフリーですが、この書式を利用したいかなる不具合についても、草津駅前法律事務所では責任を負いません。また、この書式の利用方法に関する、電話・メールでのご質問には回答致しかねます。

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。