滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

調停の欠席

調停を欠席したら不利になりますか?

自分の言い分を伝えるためにも、出席することをお勧めします。

   離婚調停を、正当な理由無く欠席すると、5万円以下の過料に処せられることがあります。ただ、実際の運用としては、過料に処せられることはほとんどないようです。

   また、欠席をした場合、裁判所から次回調停に出席する意思があるかどうか、文書や電話で意向確認などが行われることがあります。全く調停に出席する意思がないとなれば、調停は不成立となり、終了します。

   そうすると、調停を起こした申立人側が、今度は離婚訴訟を起こすかどうか検討することになります。

 

   調停自体は、出席をして不利になる制度ではありません。あなたに非があるケースであっても、調停で何らかの結論が強制されることは無く、双方の言い分を聞いて妥協点を探る制度です。欠席をして有利になるものでもありませんので、調停には出席をすることをお勧めしています。

 

   また、実際問題として、離婚調停を欠席すれば、相手方(離婚調停の申立人)としては、離婚を実現するために、次は離婚訴訟を提起してくる可能性が高いでしょう。離婚訴訟となれば、あなたも応訴の負担が生じますので、解決の余地があるのであれば調停での解決の方がよいことが多いです。

 

   仮に、あなたとしては全く離婚の意思がない、という場合でも、調停に出席して、その意思をはっきりと明示する意味はあると思います。

   調停に出席し、「離婚は絶対にしない」という強い意志を示せば、相手としても不成立になったあと、直ちに訴訟をしても、法律上の離婚原因がなければ裁判で勝訴(強制離婚)できないため、裁判をすぐに起こすことを躊躇するでしょう。

   他方で、調停に出席しなかった場合、相手からすれば、「裁判なら出てこざるを得ないだろうから、和解の望みもかけて、一か八か訴訟提起しよう」という考えになる可能性もあります。そのような相手の望みを潰すためにも、調停に出席する意味はあるように思います。

 

   なお、仕事の都合などで、第1回期日にどうしても行けない場合には、事前に裁判所に連絡をしておくとよいでしょう。そうすると、第2回期日の調整の際に、考慮してもらえる可能性があります。

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。