滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

離婚問題

   離婚問題は、当事務所が最も取り扱っている分野の一つです。毎年、約100名以上の方が、離婚や男女トラブルの相談にお見えになっています

 

   当事務所では、離婚問題や、不倫相手への慰謝料請求について力を入れています。離婚をどうやって進めていくべきか、離婚の条件や相場、養育費・財産分与・慰謝料・年金分割・子どもの面会交流など、離婚に関する様々な事柄について、離婚の弁護経験豊富な弁護士が、アドバイス・サポート致します。

 

   弁護士への相談・依頼の流れ

      離婚法律相談   (面談相談。予約制。1時間5000円)

            ↓

      必要に応じて再度の継続して法律相談

            ↓

      弁護士に全面的に任せたい場合には、弁護士に依頼

 

離婚相談専門ホームページ

   離婚に悩む方のために、離婚に関する当事務所の知識を結集した専門サイトを開設しました。どうやって離婚を進めたらよいか、離婚調停の上手な進め方など、様々な情報を網羅しています。ぜひ一度ご覧ください。

離婚法律相談

   滋賀県の草津駅前法律事務所では、離婚問題の経験豊富な弁護士による、面談相談を実施しています。

   相談は、滋賀県草津市の当事務所での面談相談(予約制)となります。お電話か、インターネット予約フォームからご予約ください。

   平日19時開始、20時終了の相談が最終枠となります(木曜のみ18時で終了)。

 

離婚法律相談   1時間 5000円(税込)

相談予約ダイヤル

077-565-8955

電話受付時間:9:30~19:00(土日祝除く。木曜のみ18:00まで。)

インターネット予約はこちら

弁護士費用(わかりやすい費用体系)

   当事務所の離婚に関する弁護士費用は、解決までに長引いても、協議から調停・裁判となっても、調停や裁判が長引いても、追加費用がかからない、明確な費用体系となっております。

   離婚交渉・調停・裁判、親権者の指定、養育費の請求、面会交渉、年金分割、財産分与、子の氏の変更等、全てが含まれたフルパッケージとなっておりますので、安心してご依頼頂けます。なお、有責配偶者の方の弁護士費用はこちらをご覧ください

 

弁護士依頼フルサポート(協議・調停・訴訟・審判全て含む。税別)

着手金    38万円

終了報酬   38万円 +相手から支払われた現金の10%

(相手から支払われた現金とは、慰謝料・解決金・財産分与等です。養育費や婚姻費用は含みません。また、財産分与で車・不動産・保険を受領した場合も含みません。)

・弁護士が代理人となって、全面的に窓口となり、相手との交渉・調停への出席・書面提出・訴訟提起などを全て行います。養育費や財産分与等の請求・調停等についても追加費用はかかりません。

・終了報酬は、離婚の成立時点でのお支払いとなります。

・実費(裁判所への印紙代・郵便代・交通費等)は別途となります。

・滋賀県外の裁判所への出頭が必要な場合には、別途日当が発生します。

・子の引き渡しの仮処分・審判、監護者指定の審判や、DVの保護命令の申立が必要な場合には別料金となりますので、ご相談ください。

・有責配偶者(暴力・不貞行為等)からのご依頼や、有責配偶者と認められる可能性が高い方のご依頼については、別の料金体系になります。詳しくは下記をご覧ください。

有責配偶者側(暴力・浮気をした側)からの離婚請求

有責配偶者の法理とは

 暴力や、不貞行為をした側の配偶者を、「有責配偶者」と言います。かつては、有責配偶者からの離婚請求については、相手方の承諾がなければ認められないとされていました。

 

 近年は、裁判例により、有責配偶者からの離婚請求が認められるケースが出てきました。それでも、相手方が承諾しなかった場合には、下記の要件を全て満たした場合に、裁判で離婚が認められる可能性があるというもので、非常に高いハードルになります。

1 非常に長期間の別居。(約7,8年以上)

2 未成熟子が存在しないこと。(子どもがまだ学生ならダメ)

3 相手方が経済的に過酷な状況に置かれないこと(≒十分な婚費・養育費と慰謝料)

有責配偶者が離婚する方法

 暴力や浮気をしてしまった、有責配偶者が離婚するためには、裁判では非常に高いハードルですから、何としても「相手方の同意を得る」ことが重要です。

 まずは、相手方がなぜ離婚を拒否しているのかをよく考えるべきでしょう。たいていは、以下の3つのうちのどれかに当てはまることが多いです。

1 経済面(お金)の不安

 特に専業主婦やパートの場合には、離婚後の経済面や住居が心配で離婚しないことがよくあります。この場合、住宅ローンや家賃をこちらが一定期間負担する、養育費を相場より多く払うなどの方法で相手が応じる可能性があります。

2 世間体

 シングルマザー(ファーザー)になるのが嫌だ、離婚したと親戚に思われるのが嫌だ、バツイチになりたくない、という感情から離婚しない場合です。この場合、淡々と別居→離婚調停と進めていくことが効果的です。長期間別居状態となると、周囲にもあの夫婦は別居をしていると知られ、世間体を理由に離婚を拒否する意味が無くなってきます。

3 プライド

 本当は自分も離婚したいのに、「なんで浮気をしているあの人から離婚を言われなければならないのか!!」、「私が今離婚に応じたら、あの人は喜んで不倫相手と一緒になる。私は子どもの面倒を1人で見なければならないのに。あの人が喜ぶようなことは絶対にしない!!」という感情を持っている人は実は非常に多いです。

 プライド面から離婚を拒否する相手は、非常にやっかいです。かなりの長期戦を覚悟する必要があるでしょう。

 

 いずれにしても、離婚をする・しないのイニシアチブは相手方にあります。まだ子どもが小さい場合、相手方は、離婚を拒否し続ければ、住居に困らない、養育費より高い婚費をもらい続けることができるなど、かなりのメリットがあるわけです。

 したがって、有責配偶者側としては、相手方に対し、離婚拒否を上回るメリットを提示することで、離婚に応じさせることを考えていかなくてはなりません。

 

 「お前だって家事を全然やっていなかったじゃないか!」とか、「あなたが家庭を顧みないから浮気してしまったのよ!」などと、相手を責める主張をしても、相手はどんどん離婚拒否に傾きますから、全く意味がありません。むしろ、有責配偶者であることが明かな場合には、謝罪すべきところは謝罪し、その上で相手方に離婚をした方がメリットがあるということを上手に提示していく必要があるのです。

 

 また、相手は、有責配偶者であるあなたやあなたが依頼した弁護士の意見をやすやすと受け入れるとは考えられませんから、別居をして、家庭裁判所の調停を上手に使う必要があります。家庭裁判所の調停委員を味方につけて、中立な第三者から、相手方に対し、離婚をするように説得してもらうように持っていくテクニックが必要です。

 

 加えて、かなりの経済的負担が生じることは覚悟が必要です。また、弁護士に依頼したからと言って、必ずしも離婚できるとは限りません。

有責配偶者の方の弁護士費用

 草津駅前法律事務所では、「有責配偶者だけど離婚したい!」という方の相談も可能です。ご依頼があれば、弁護も検討させて頂きます。その場合には、相手方との交渉窓口になるとともに、別居へのアドバイスや、調停の申立て、調停への同行などを離婚問題に詳しい弁護士がサポート致します。

 ただ、有責配偶者、または、証拠や事実経過から有責配偶者と疑われる可能性が高い方については、通常の弁護士費用ではなく、下記の弁護士費用となります(全て税別)。

 

協議+調停段階

着手金  38万円

成功報酬(離婚が成立した場合のみ) 48万円

※調停が不成立となった場合、着手金はお返しできませんが、成功報酬は0円です。

※調停が不成立になった時点で、弁護は終了となります。

 

訴訟段階(調停時にご依頼頂いていた場合)

追加着手金 28万円

成功報酬(離婚が成立した場合のみ) 48万円

※訴訟で離婚が認められなかった場合、着手金はお返しできませんが、成功報酬は0円です。

 

 なお、いずれのご依頼も、証拠関係等に照らしてお引き受けできない場合がありますので、ご了承ください。 

 

不倫相手への慰謝料請求等

   当事務所では、浮気・不倫相手への慰謝料請求についても力を入れています。詳しくはこちらのページをご覧ください。なお、離婚と同時に浮気・不倫相手への慰謝料請求をする場合には、別途料金が発生しますが、比較的低額にさせて頂くことが可能ですので、ご相談ください。

 

 離婚をせずに、配偶者の不倫相手への慰謝料請求だけをする場合の弁護士費用の目安は、以下のとおりです。ただし、この場合、慰謝料が低額になったり、配偶者に対して求償のおそれがあるなど、法律的に難しい点もありますので、弁護士と十分ご相談ください。

不倫相手への慰謝料請求(離婚しない場合)(目安。税別。)

着 手 金 交渉段階 18万円

   (訴訟提起となった場合) 10万円追加    

成功報酬   相手から支払われた額の20%

 

   また、離婚を伴わない、養育費の増額・減額請求や、離婚後の財産分与の請求なども扱っております。事案によって費用は異なりますので、法律相談時に見積もりをさせて頂きます。

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。