滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

住宅ローンと財産分与

住宅ローンが残っている自宅はどう財産分与するのですか?

売却したときの残高がプラスかマイナスかで考え方が異なります。

   住宅ローンが残っている自宅を、離婚に際してどのように財産分与するかというのは、弁護士でも頭を悩ませる、非常に難しい問題です。

 

   色々な解釈があるので、あくまで一つのケースですが、家を売った場合にプラスになるのか、売ってもマイナスになるのか(いわゆる「オーバーローン」)で考え方が異なります。

   家を売った場合にプラスになるのであれば、そのプラスの資産を分けることになります。つまり、家を現時点で売却した場合に、ローンを支払っても500万円が残るのであれば、その自宅は500万円の価値があることになりますので、売る場合には原則として夫と妻で250万円ずつ分け合うことになります。また、どちらか一方が取得する場合には、取得する側は、今後のローンを負担するほか、現時点の価値である250万円を相手に支払うこととなります。

   他方で、家を売却してもマイナスの場合には、自宅は資産とみなされないため、原則としてお金のやりとりは発生しません。その後に住み続ける方が、住宅ローンを負担していくことになります。

   なお、マイナス(負債)も財産分与の対象となるかどうかについては、まだ最高裁の判断はないものの、高裁レベルでは、マイナス(負債)は財産分与の対象とはならないという考えが多いようです。

 

   ただし、住宅ローンつきの自宅の財産分与については、頭金を誰が出したかなど、非常に難しい問題がたくさんあります。ネットや知人の情報をうのみにせず、しっかりと弁護士に会って相談をすることをおすすめします。

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。