滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

モラルハラスメントと慰謝料

モラルハラスメントを受けている場合、離婚理由になりますか?

モラルハラスメントの原因となる事実の主張・立証がポイントとなります。

   配偶者などの特別の関係にある者から、精神的な嫌がらせを継続して受けていることを、モラルハラスメント(モラハラ)と言います

   たとえば、夫が妻を家政婦としてしか見ていない態度をとる、自分の気にくわないことがあるとすぐに怒鳴りつける、自分は働いているんだから偉いのは当たり前、などという言動を配偶者がとってくる場合、モラルハラスメントに該当する可能性が高いと思われます。

 

   では、モラルハラスメントがあった場合、裁判上の離婚理由となったり、慰謝料を請求したりできるのでしょうか?

   裁判例では、真正面から「モラルハラスメント」という言葉を取り上げて離婚理由や慰謝料の原因としたものはほとんどありません。

   結局のところは、モラルハラスメントとなる原因の一つ一つの行為や事実をしっかりと主張・立証し、その程度が違法と判断されれば、離婚原因や慰謝料の原因となる可能性があるということになります。

 

   モラルハラスメントの原因となる嫌がらせ行為については、調停や訴訟において、相手が否定してくることが非常に多いです。常日頃から、嫌がらせを受けたときに日記に残しておいたり、会話のやりとりを録音しておく(ただし、不必要な部分は消していく方が、あとで整理に困りません)など、証拠化を意識しておいた方がよいかもしれません。

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。