滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

特別受益とは何か

特別受益とは何ですか?

生前贈与などを受けていた場合に、相続にあたってそのことを考慮する制度です。

   特別受益とは、簡単に言いますと、生前贈与など、被相続人から特別の利益を受けていたものについては、相続の際に考慮して相続分を減らしましょう、という制度です。

 

   法律では、被相続人から、①遺贈を受けた場合、②婚姻・養子縁組・生計の資本として贈与を受けた場合に考慮するとされています。

 

   たとえば、父が亡くなり、その時点で父の遺産は900万円だったとしましょう。相続人が長男・次男・長女の3人です。そうすると、本来は、下の図のように、法定相続割合は300万円ずつとなります。

   しかし、長男は、生前に父から生活資金として300万円の贈与を受けていたとします。この場合、この300万円が特別受益となります。

   まず、相続割合の計算上、現実にある遺産額900万円に、生前贈与の300万円を足して、遺産額を出し、そこから法定相続割合を計算します(「持ち戻し」と言います)。1200万円の3等分ですので、それぞれ400万円となります。

   そして、次男・長女は400万円を取得することになりますが、長男は既に生前贈与で300万円を受け取っているので、その分を差し引いて、100万円を取得することになる、というのが特別受益の考え方です。(下の図参照)

   もっとも、この特別受益の制度は、生前贈与が遺産の前渡し的な性格を有するので考慮しなさい、と言う制度です。したがって、遺産の前渡し的な性格ではない贈与や、被相続人が遺産の際に考慮しなくて良いと意思表示していた場合(持ち戻し免除の意思表示と言います)には、特別受益として考慮をしなくてよいとされています。

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。