滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

学資保険と財産分与

子どものための学資保険は、離婚時にどうなりますか?

財産分与の対象になり、法的には、解約返戻金を折半することになります。

   子どものために契約していた学資保険については、離婚の際に財産分与の対象になるのでしょうか。それとも、親権者がもっていけるものなのでしょうか?

 

   学資保険については、夫・妻のどちらが契約者であろうと、原則として結婚生活の中で蓄積された財産になりますので、法律的には、財産分与の対象になります。

   つまり、解約して解約返戻金を折半するか、それとも学資保険契約をもらう側が解約返戻金の半額を相手に渡すという形で財産分与をするということになります。

 

   もっとも、実際問題として、協議離婚の際には、親権者となる方に名義変更して、今後は親権者となる人が支払っていくということで合意をし、解約返戻金の精算まではしないというケースも多いと思われます。財産分与については、協議で自由に決められるので、そのようなケースでも問題はありません。

   しかし、調停になった場合には、前述のように、解約返戻金の折半の話が出てくることが多いですので、注意しましょう。

 

   なお、「養育費代わりに、夫にこのまま学資保険を支払ってもらいます」という話をよく聞きますが、弁護士としてはそのような形はお勧めできません。いくらそのような約束をしても、夫が契約者の場合、夫が解約することを止めることができませんし、養育費としてきっちりと金銭の支払いを決めた方が、約束違反の際に給料の差押えなどができるからです。

   離婚の際には、子どもの学資保険は、親権者に名義変更する、と考えておいた方がよいでしょう。

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。