滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

葬儀費用・法要費用の遺産からの控除

葬儀費用や、法要費用を遺産から支出しても問題ありませんか?

通夜・告別式までの費用は支出が認められることが多いです。

本葬までの費用は認められる可能性が高いです。

 葬儀費用や、初七日や四十九日法要のために、亡くなった方の遺産から費用を支出することは、法律的に問題は無いのでしょうか。

 

   まず、相続人間の同意があれば、そのこと自体が問題になるわけではありません。ただし、後で、「同意していない」と言われる可能性がありますし、同意していたとしても、「そんなに高い葬儀費用とは聞いていない」などとして争いとなる可能性もあるので、できる限り会計は透明にし、その都度了承を求め、そのことを書面にしたり録音するなど、記録した方が安心です。

 

   では、他の相続人の同意が無い場合にはどうなのでしょうか。

   裁判例では、必ずしも見解が固まっているわけではありませんが、大まかに分類すると、

①お通夜・告別式の葬儀費用は、社会通念上必要な範囲で、遺産からの支出を認める。

ただし、他の相続人が了承していなかったであろうというような事情があれば、認められない(喪主の負担)。

②告別式以降の法要費用や、仏壇の費用などは、遺産からの支出は原則として認めない。(法要主宰者の負担)。

という例が多いです。調停などの際にも、おおむね、上記の基準に沿って話がなされることが多いです。

 

   相続人間で今後もめる可能性があると思われる場合には、早めに弁護士に相談されることをお勧めします。

 

   また、税金の関係では、控除できる費用が別途定められています。詳しくは、下記のページを参照されたり、税理士に相談をされた方がよいでしょう。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4129.htm(国税庁HP)

 

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。