滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

むちうち症と後遺障害

むち打ち症でも後遺障害が認められますか?

通院方法や診断書作成時のポイントをしっかりと押さえれば、後遺障害等級獲得の可能性は十分にあります。

   交通事故、特に追突事故の被害のときに起こることが多い「むちうち症」。診断名としては、頚椎捻挫とか、外傷性頚部症候群と記載されることも多いです。

 

   この、むち打ち症ですが、一般的には、継続して適切な治療・リハビリを受けていれば、約6か月以内に9割の方が完治すると言われています。適切な治療としてあげられるのは、医師の指示の元、理学療法士が行う、電気治療、温熱療法、牽引、マッサージ等です。

   しかしながら、約1割くらいの方は、治療を受けても事故前の状態に回復せず、痛みやしびれ等が残存するとも言えるわけです。

 

   ここで問題なのは、むち打ち症(頚椎捻挫・外傷性頚部症候群)自体は、画像所見などで他覚的に証明することが困難なことです。そのため、後遺障害等級の申請をしても、非該当とされることも少なくありません。

   むち打ち症で、後遺障害等級が認められるためには、以下のようなポイントに留意する必要があります。

 

①事故発生後すぐに病院に行くこと

 …事故発生から初診までの間が空くほど、後遺障害は認められにくくなります。

 

②整形外科にきっちりと通院すること

 …整骨院は、医師・病院ではありません。診断書を書くこともできません。整骨院の通院では、後遺障害が認められる可能性が低くなることがあります。

   また、大病院ですと、きっちりとしたリハビリを受けさせてもらえないことがあります。

   後遺障害の申請がありうることを考えると、最も適切な治療先は、通院のしやすい場所にある整形外科の診療所・クリニックで、理学療法士がいて、リハビリに力を入れているところです。

   できれば、痛みやしびれがある間(ただし、約6か月までを目処に)は、週3回以上通院した方がよいでしょう。

 

③医師にしっかりと診察・検査をしてもらうこと

   CTやMRIの画像上は他覚所見が得られない場合でも、腱反射や握力、筋力テストの結果から他覚所見が得られることがあります。

   医師の診察を受けるときには、自覚症状をきっちりと伝え、できる限りの検査をしてもらうようにしましょう。

 

④後遺障害診断書をきっちりと書いてもらうこと

   後遺障害診断書は、保険会社任せにせず、自分で医師に書いてもらいましょう。また、通常は後日受付で記載済みの診断書をもらうことになりますが、その場で必ず中を開けて、記載漏れなどがないかどうか確認し、コピーを取ってから保険会社に送るようにしましょう。

   後遺障害診断書のポイントなどについては、弁護士からアドバイスも可能です。医師に後遺障害診断書を書いてもらう前に、一度弁護士に相談に行くのもよい作戦といえるでしょう。

 

   以上のようなポイントをしっかりと押さえれば、むち打ち症(頚椎捻挫・外傷性頚部症候群)の症状が残っている場合に、後遺障害等級を獲得することは十分に可能性があります。

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。