滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

態度不良の場合の懲戒解雇

勤務成績や態度が不良の従業員を解雇したいのですが、注意点はありますか?

解雇を争われると、懲戒解雇の有効性は厳しい判断がなされます。十分な事前準備が必要です。

   勤務成績や態度が不良の従業員を解雇するためには、就業規則に定められた懲戒解雇事由に該当する必要があります。就業規則をよく確認し、どの懲戒解雇事由に該当するかを確認する必要があります。

 

   また、懲戒解雇事由に該当したからといって、常に解雇が有効となるわけではありません。客観的に見て、解雇が合理的で無ければ、解雇権濫用として、解雇が無効となります。
   特に、職務に関する犯罪(横領など)を犯したというような明白な場合と異なり、態度が悪いとか、勤務成績が悪いというのは、程度問題であるため、後に争いとなった場合に裁判所が解雇無効とすることがよくあります。

 

   まずは、「態度の悪さ」や、「勤務成績の悪さ」について、客観的な証拠やデータを準備する必要があります。問題が起こるたびに顛末書や始末書を書かせたり、また、他の従業員からの報告書等も証拠になり得ます。

 

   加えて、そのような行為が1回限りでは無く、何度もあり、会社が注意・指導しても改善されなかった、ということも記録に残しておく必要があるでしょう。たとえば、そのような従業員に注意・指導した場合、録音や議事録などで、注意・指導内容を残しておいた方がよいでしょう。

 

   その上で、懲戒解雇をする場合でも、解雇が社長の独断や恣意によって決められたと思われないように、会社の懲戒委員会や取締役会で、きっちりと意思決定をする必要があります。また、決定前に、当該従業員に、弁明の機会を与えることも重要です。

 

   解雇の際には、解雇理由を具体的に記載した解雇通知書を渡す必要があります。

 

   いずれにしても、勤務成績不良や態度不良での懲戒解雇は、争われると会社にとって厳しい判断がなされることが多いです。したがって、まずは退職勧奨により自ら退職するように勧め、場合によっては若干の退職奨励金の支給なども考えてもよいかもしれません。

   それでも本人が辞めず、会社として懲戒解雇という選択肢を採る場合には、必ず事前に弁護士と相談をし、その手順等についてしっかりと準備をすることをお勧めします。 

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。