滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

会社だけの自己破産(代表者は破産しない)

会社の代表者ですが、会社だけ自己破産して、代表者は破産しない方法はありますか?

一般的には、代表者が連帯保証人となっていることが多く、会社と同時に自己破産を申し立てることがほとんどです。

   会社と代表者個人は、法律的には別物ですので、会社に負債があるからといって、代表者個人が負債を負っていることにはならず、会社が自己破産をしたからといって、当然に代表者が会社が払えなかった負債を払っていかなければならないわけではありません。

 

   しかしながら、会社が融資を受けたり取引をする際に、代表者が会社の連帯保証人になっているケースが多いです。そうすると、会社が自己破産をすると、代表者個人に支払い義務が生じることになり、代表者個人も払えないとなると、自己破産を選択せざるを得ない、というケースは非常に多いです。

   これまでに当事務所が取り扱ったケースでも、ほとんどは会社と同時に代表者も自己破産を申し立てています。

 

   仮に、代表者が、会社の連帯保証人に一切なっておらず、代表者が債務超過や支払い不能状態でないのであれば、必ずしも代表者も自己破産しなければならないわけではありません。

   ただ、複合機のリースや、車のリースなどで、覚えていなくても連帯保証人に実はなっていた、というケースは結構多いので、よく確認する必要があるでしょう。

 

   また、代表者が連帯保証人になっていて、債務超過かつ支払い不能の場合には、会社と同時に代表者も自己破産すべきです。裁判所からもそのように言われることが多いです。これは、会社と代表者の財産が混同されていないかなど、破産管財人が調査をするためだと言われています。

   このようなケースの場合、裁判所に納める予納金については、たとえば代表者に財産がなければ極めて低額にしてもらえるなどの配慮がなされる可能性があります。

 

   事業者の破産や会社の破産手続に関しては、当事務所の下記HPに詳しく記載しておりますので、どうぞご覧下さい。

         「滋賀の弁護士の個人事業・会社破産無料相談

 

   また、滋賀県の草津駅前法律事務所では、個人事業主や会社代表者の方の、破産・倒産に関する相談は何度でも無料となっております。どうぞお気軽にご相談ください(当事務所での面談相談。予約制。)

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。