滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

親子断絶と相続分

親と断絶していた相続人にも遺産を分けないといけませんか?

断絶していた相続人にも、原則として法定相続分の権利があります。

   相続人のうちの1人が、親が亡くなるかなり前から親と絶交しており、一切の関わりを断ち、葬儀にも顔を出さなかったとします。そのような場合でも、その相続人には法律上相続の権利があるのでしょうか?

 

   法定相続割合は、親と断絶をしていたとしても基本的に存在します。したがって、親と一切断絶をしていたとしても相続人であることに変わりは無く、原則として法定相続分の権利を有することになります。

 

   ただし、他の相続人が親の療養看護等を無償で行い、それによって親の遺産が減らずに済んだようなケースの場合、療養看護等を行っていた相続人に寄与分が認められる可能性があります。寄与分が認められた場合には、相対的に寄与分が認められなかった相続人の相続取得額は少なくなります。

 

   また、親が「私が死んでもあの子に相続させたくない」という場合には、生前に遺言書を作成しておくことが方策として考えられます。もっとも、「遺留分」といって、遺言でも失われない権利が存在し、たとえ他の相続人に全ての遺産を相続させるという遺言書を作成していても、断絶していた子どもがそのことを知り、他の相続人に遺留分減殺請求権を行使した場合には、原則として法定相続分のさらに半分までは、遺留分として断絶していた相続人の権利が残ってしまいます。

 

   一応、そのような権利も剥奪する方法としては、「推定相続人の廃除」

(民法892条)という制度があります。これは、「被相続人に対する虐待」や、「被相続人に重大な侮辱を加えたとき」または「その他著しい非行があったとき」に、被相続人(先ほどのケースだと親)が家庭裁判所に申請して、相続人から外すという制度です。この排除が認められると、対象の相続人は、法定相続分はもちろんのこと、遺留分すら受領できなくなります。

 

   ただし、推定相続人の廃除を家庭裁判所で認めてもらうハードルは非常に高いと考えられています。たとえば、老齢の親に対して甚だしい非行があった場合でも、それが一時的な激情からなされたものである場合には、排除は認められないとした裁判例もあります(大判大正11年7月25日)。

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。