滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

調停委員が言う見通し

調停委員から「審判になっても同じ」と言われました。あきらめるしかないですか?

調停委員が言う見通しが必ずしも正しいとは限りません。

   離婚調停や婚姻費用調停をしていると、調停委員から、「あなたは納得しないかもしれないけど、このままでは不成立になるよ。その後裁判や審判になっても同じだから」などというように、審判や裁判になっても結果は変わらないと言われることがあります。

   はたして、調停委員のこのような意見は正しいのでしょうか?

調停委員は法律の専門家とは限らない

   調停委員は全員が弁護士などの法律の専門家ではなく、むしろ法律の専門家は少数派です。ある程度の研修は受けているとは言え、実際に裁判や審判の判断に関わるわけではありませんし、裁判や審判を多数見てきているわけではありません。

 

   したがって、調停委員の審判や裁判の見通しが必ずしも正しいとは限りません。

 

   ただし、調停委員が、「ここでちょっと合議をします」と言って、少し間が空いてから見通しの意見を言ってきた場合には要注意です。調停委員のバックには、家事審判官という裁判官がいます。調停委員は、調停の重要な局面においては、家事審判官と打ち合わせをすることがあり、これを合議と言います。

 

   合議の際には、裁判官である家事審判官が見通しなどについて意見を述べているわけで、それなりに的確な意見であることが多いです。

調停委員は話をまとめるのが仕事

   調停委員は、調停を成立させる=話をまとめるのが仕事です。したがって、真面目な調停委員ほど、頑張って調停を成立させようと思って、「審判になっても変わらないよ」と言ってしまう傾向があるように思います。

 

   「審判になっても変わらない」と言われたからあきらめるのではなく、納得がいかないのであれば、「次回まで考えさせてください」と言って、次回の調停期日に延ばしてもらうことがよいでしょう。

審判や裁判では証拠が重視される

   調停はあくまで話合いですので、正式な証拠調べがあるわけではありません。

 

   しかしながら、裁判や審判になると、証拠調べ手続きや、証人尋問・審問など、様々な手続きを経て判決・審判となります。したがって、調停で出ている話と必ずしも同様の結論となるとは限りません。

 

   どうしても本当に審判・裁判になったときの見通しを知りたいのであれば、調停期日間に、弁護士の法律相談を受けるのがベストだと思います。弁護士から見て、調停を不成立にして審判・裁判にするメリットがあるのかどうか、それとも調停で話をまとめた方がよいのかどうかのアドバイスを受けることが可能です。

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。