滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

8月13日(木)~8月16日(日)まで、当事務所の夏期休業とさせて頂いております。ご了承ください。

正式依頼と継続相談の違い

弁護士に正式に依頼するのと、依頼をせずに継続して相談に来るのとでは、どのような違いがありますか?

かなり色々な違いがありますので、悩まれるようでしたら法律相談の際に弁護士に相談しましょう。

   弁護士に法律相談に来たのち、現在困っている案件に関して、弁護士に正式に依頼するケースと、正式に依頼するのではなく継続して法律相談に来るケースがあります。

   いずれにもメリット・デメリットがあり、最終的にはご相談者様において自由に決めて頂くことが可能です。正式に依頼した場合と、依頼せずに継続して相談に来る場合の違いは以下のとおりです。

 正式依頼継続相談
今後の相談の方法

メール・電話・FAX・面談など随時可能。(優先的に受け付け)

電話でご予約の上、ご来所頂いての面談相談。
今後の相談費用何度でも無料(着手金に含まれる)。30分5000円(税込)
相手との交渉窓口弁護士が交渉窓口となる。ご本人で対応。
裁判書類の作成弁護士が作成,提出。ご本人で対応。
調停や裁判期日への出席弁護士が出席または同席。ご本人のみ出席。
弁護士費用着手金と終了報酬や、事案によって実費や日当が生じる(正式な委任契約書を締結)。原則として相談料のみ。(書面作成のご依頼等がある場合には、書面作成料が生じる。)

 

   正式に依頼をした方がよいのか、それとも継続相談で足りるのかは、事案によっても異なります。

   一概には言えませんが、相手からの嫌がらせや暴言がひどいなど、相手との直接の交渉や対応が難しい場合には、弁護士に正式依頼をされた方がよいでしょう。また、裁判の場合には、ご本人での対応は難しく、弁護士に正式依頼をされた方がよいでしょう。

 

   他方で、相手との直接交渉がご本人で可能なケースや、弁護士に依頼した場合に費用倒れになる可能性があるケース、調停で争点が明確なケースなどは、正式依頼しなくても、必要な場合に継続相談を申し込めばそれで足りることも多いです。

 

   正式依頼されるかどうか悩まれる場合には、法律相談時に弁護士にご相談ください。ご相談者の立場にたって、どちらがよいかをアドバイスさせて頂くことが可能です。

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。