滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

金銭消費貸借契約書の書式

金銭消費貸借契約書

 

甲   ○   ○   ○   ○
乙   ○   ○   ○   ○

 

1   乙は、甲との間で、下記の約定にて、金1,000,000円を借り受ける合意をし、本日、甲から同金銭の交付を受けた。
         【利  息】 金50,000円
         【返済期日及び返済額】  
         令和○年○月~令和○年○月まで 毎月末日限り 金10万円
         令和○年○月(最終回) 金5万円 (利息分)
         【返済方法】
         甲指定の口座に振込にて支払う。振込手数料は乙の負担とする。

2   乙が、上記第1項記載の分割金の支払いを怠り、その額が20万円に至ったときは、乙は当然に期限の利益を失い、甲に対し残額を一度に支払うものとする。

 

   令和○年○月○日

甲   (住所)                 
      (氏名)                                            印

乙   (住所)                
      (氏名)                                            印 

・金銭を貸し付け、分割で返してもらうケースの書式(ひな型)例です。

・重要なのは、「貸した金額」、「実際に金銭の交付を受けたこと」、「返済の約束」、「返済期日」です。金銭の交付については、振込の場合には記録が残るので問題ありませんが、現金手渡しの場合には念のため別途領収証(受領証)をもらっておくのも一つの方法です。

・第2項は、20万円以上遅延したときは、一度に支払え、という条項です。このような条項は、「期限の利益喪失条項」と言います。この条項がない場合、たとえば2か月以上支払いがない場合でも、相手にはその時点での未払い額(ex.20万円)しか請求できません。つまり、全額について請求したり裁判をしたりするためには、たとえ全く支払われていなくても、最終の返済日まで待つ必要があります。

 そのため、第2項のような条項を入れておくことにより、一定回数以上滞納した場合には、分割払いの約束自体が破棄され、残額を一括で請求したり裁判を起こしたりすることができるようになります。

・押印については、目の前での署名があれば、必ずしも必要とまでは言えません。ただ、郵送でやりとりをする場合などには、本人確認のため、実印と印鑑証明書を要求することが考えられます。

作成者:弁護士中井陽一(滋賀弁護士会所属) 最終更新日:2020.11.12

このページはリンクフリーですが、この書式を利用したいかなる不具合についても、草津駅前法律事務所では責任を負いません。また、この書式の利用方法に関する、電話・メールでのご質問には回答致しかねます。

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00(最終電話受付午後7:00)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。