滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

自筆証書遺言

遺言は自分で書いても有効ですか?

自筆証書遺言の場合、後に検認が必要ですし、有効性に問題が発生することもあるので、公正証書遺言をお勧めします。

   遺言には、大きく分けると、自分自身で書く自筆証書遺言と、公証人役場でさくせいしてもらう公正証書遺言の2つがあります。

 

   自筆証書遺言の場合、遺言者が亡くなった後、そのままでは遺言としての効力は不十分で、相続人が、家庭裁判所に「検認」という手続をしに行かなくてはなりません。また、遺言は法律で形式面が厳しく決まっており、たとえば、遺言を書いた日を「10月吉日」と書いただけで、形式違反だとして無効になる例もあります。

   さらに、自筆の遺言を紛失してしまったり、誰かによって破られたりすれば、意味がなくなってしまいます。

   これに対し、公正証書遺言の場合、専門家である公証人が作成してくれるので、形式違反となることはほとんどありませんし、「検認」の手続も不要です。また、1通は公証人役場で保管してくれるので、紛失しても大丈夫です。

 

   以上のように、遺言は自分自身で書くこともできますが、相続人らが後々困らないようにしたいのであれば、公正証書遺言を選択するべきでしょう。

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。