滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

答弁書(請求を認めた上で分割払いの和解をする場合)の書式

平成○年(ハ)第○○号   貸金請求事件
原      告      △△商事株式会社
被      告      ××太郎

答   弁   書

平成○年○月○日

大津簡易裁判所民事部   御中

〒520-0000
滋賀県大津市大津1-1
×   ×   太   郎      印
電話   000-000-0000

第1   請求の趣旨に対する答弁
   1   原告の請求を棄却する。
   2   訴訟費用は原告の負担とする。
との判決並びに仮執行の宣言を求める。

 

第2   請求の原因に対する認否
   1   請求の原因1、2、4項については認める。
   2   請求の原因3項については不知。

 

第3   被告の主張
   被告としては、貸金債務の存在自体を積極的に争うものではない。
   ただし、被告は現在仕事をリストラされ,日雇のバイトで生活をしており、返済に充てられる金額は、月1万円までである。また、原告は、多額の遅延損害金を請求してきているが、そもそもこれまで原告から遅延損害金を請求されたことは無いし、そのような多額の金額を返済する資力は被告には無い。
   よって、原告が請求してきている金額のうち、遅延損害金については免除して頂き、元金部分(15万円)について、月1万円ずつ返済での和解を求める。
   なお、第1回裁判期日には出席致します。

以上

  • 簡易裁判所から訴状が届き、借りていたお金について全額を一括で支払えと訴えられたときに、確かに借りたことは認めるけれども、全額を一度には支払えないので、分割払いの和解をしたい、というときの答弁書の書式(ひな型)です。
  • このような答弁書を事前に出して、その上で裁判所に出席すれば、裁判所は通常、和解の話を進めてくれる可能性が高いと思われます。

このページはリンクフリーですが、この書式を利用したいかなる不具合についても、草津駅前法律事務所では責任を負いません。また、この書式の利用方法に関する、電話・メールでのご質問には回答致しかねます。

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。