滋賀県草津市の弁護士事務所|離婚・交通事故・相続・事業者トラブルなど。無料相談あり。

滋賀で信頼できる弁護士をお探しなら

草津駅前法律事務所

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

JR草津駅から徒歩4分
弁護士 中井陽一(滋賀弁護士会所属)

各種無料・有料相談実施中

お気軽にお問合せください。

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

取引先の破産

取引先が破産をするという弁護士からの通知文がきました。どうすればよいですか?

本当に正式に弁護士に依頼をしたのか確認し、連帯保証人がいればそちらに請求をします。

   商売をしていると、取引相手が破産をするという経験をすることは少なくないかも知れません。

   破産の際には、通常、破産申立を担当している弁護士から、受任通知と言って、破産申立をする(または既にした)という通知文と、債権調査票と言って、債権額等の確認のための書類が債権者に送られます。

 

   このような書類が届いた場合、まずは、その書類が本当に弁護士が作成した書類なのかどうか、日本弁護士連合会のホームページの弁護士検索で確認してみてください。

   ここでヒットした場合には、正規の弁護士からの書類ということになるので、弁護士に破産申立を依頼したことは間違い無いということになります。

 

   この時点以後は、強引に取り立てを行ったり、取引先から回収をしても、後で破産管財人から返還を求められる可能性が高いです。

   したがって、取引に際し、保証金をもらっている場合には、相殺の通知を送り、連帯保証人をつけている場合には、保証人に対する請求を行いましょう。

 

   保証金や連帯保証人が無い場合には、残念ながら取引先からのお金の回収は非常に困難となります。ただし、場合によっては後日配当がある可能性がありますので、債権調査票や、後に裁判所から届く「債権届出書」には必要事項を記載して返送しましょう。

 

   回収できない場合には、損金処理をすることになりますので、税理士と相談をしましょう。

法律相談予約はこちら

   滋賀県の草津駅前法律事務所での面談相談は予約制です。電話・メールでの相談は行っておりません。(正式ご依頼された方を除く)

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00

(最終電話受付午後7:00。木曜のみ午後5:00まで)

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

ご相談予約はこちら

面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けています。電話・メールでの相談は行っておりません。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

弁護士に初めて相談される方が多数いらっしゃいます。

当事務所関連サイト

離婚知識について詳しく解説したホームページです。

交通事故被害者のための知識を詳しく解説したホームページです。

会社や個人事業の倒産・破産に関する方法や手続について詳しく解説したホームページです。